━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ----------我が愛すべきハンガリーのジレンマ----------
           第95号 2005年11月14日
           http://www.szagami.com/
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●犬が悪いのではない!飼い主が悪いのだ!
   ........................................................

   ブダペストは世界中から旅行客が訪れる観光名所であるにもか
   かわらず、小型犬ばかりか中・大型犬の散歩に出くわす機会が
   多い。都市部での犬の外出や散歩は犬のトイレを目的としてい
   る。ドナウ川を眺望できるホテル群内であろうと、飲食店で賑
   わっている繁華街であろうと、飼い主はところかまわず犬に用
   を足させる。ブダペスト切っての目抜き通りヴァーツィだけが、
   唯一糞を気にせずに歩ける場所だ。大通りを一本でも裏に入れ
   ば、足元を気にしながら歩を進めなければならなくなる。薄暗
   い街燈しかないブダペストの夜には、特に犬の落し物に悩まさ
   れる。

   市が主催する犬の糞害問題を飼い主に問うキャンペーンが、つ
   い最近まで首都ブダペストで行われていた。犬と人が街中で気
   持ちよく共存するために、飼い主は糞を拾いましょうといった
   ものだ。“袋で糞を拾って!”といった様なスローガンが、尻
   尾に箒をつけた犬の写真と共に添えられている。キャンペーン
   開始と同時期に犬の糞専用の緑色のゴミ箱がビニール袋と共に
   街中に設置されるようになった。他の欧米先進国と比べると漸
   くという観があるが、飼い主に浸透するにはまだ時間がかかり
   そうだ。飼い主が糞を処理すれば道が綺麗になるほど問題の“
   掃除”は単純なのだが、犬の躾の完成度に反比例して飼い主の
   マナーの方が追いついていない。

   他の躾に関して言及すると、無駄吠えしない、呼び戻しができ
   る、“待て”ができる等しっかりしていれば首縄や口輪をせず
   に市街地を散歩できると思っている飼い主が殆どだ。犬の自由
   度を高めるため、高度に躾がなされている首縄・口輪なしの犬
   が多い。しかし実際はブダペスト市内各区の条例において、首
   縄・口輪なしは禁止されている。例えば観光客で賑わう5番地
   区では、長さが2mまでの首縄、更に体重が10kg超、若しくは指
   定された危険犬種には口輪をしなければならない。

   ハンガリーでは犬の躾は完璧にすべきだと思う飼い主は多いが、
   その反面社会生活において守るべき条例やルールを遵守しない
   者も同様に多い。どれだけ自分の犬が躾をされていようとも、
   小さな子供や赤ん坊を連れた母親から見れば、首縄も口輪もし
   ていなければ中・大型犬どころか小型犬ですら同じ空間に歩い
   ていることは脅威なのだ。

   より重要視されるべき首縄・口輪の遵守は飼い主のマナーに頼
   る一方、糞害キャンペーンが市の広報によって大々的に行なわ
   れるということは、差し迫った問題であると伺える。それは、
   日に40tもの糞を処理しなければならないブダペスト市側の台
   所事情が絡むからであろう。安全管理よりも財政事情を優先す
   るこのキャンペーンには、胡散臭さを感じてしまう。ついでに
   首縄・口輪等の安全管理のお願いも一緒にすれば、人と犬が更
   に共存し易い環境になるはずだったのだが。

   それでもキャンペーンという形で当たり障りない飼い主への躾
   は悪いことばかりでもなさそうだ。最近5年ぶりにブダペスト
   を訪れた親類の目には、以前よりも道に落ちている糞が少なく
   なったと映ったようだ。毎日市街地を歩いている者には気が付
   き難い僅かな変化ではあるが、道が少しずつ綺麗になっていく
   良い兆候であろう。それでも暗い夜道の散歩、足元に充分気を
   付けなければならない日々はまだまだ続きそうだ。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   夜道でも結構勘が働くようになり、もう何年も犬の糞を踏まず
   にすんでいましたが、市民公園の芝生でやられた!芝に潜む糞
   までは・・・回避不能でした。

   ■糞害撲滅キャンペーンの写真の一枚

   ■安全な歩道ができるのは夢か?

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   弊著“旅の指さし会話帳・ハンガリー”の重版決定

   全国の大きな書店でも取り扱っておりますが、下記のアドレス
   からもご購入することができますので、ご興味のある方は此方
   にアクセスされてみて下さい。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★★★★Szagamiのぶらぶら散歩★★★★★

   ●4つ星、5つ星ホテルなどの箱物の整備、ヨーロッパ間の格安
   チケット販売の成功が功を奏して、依然とブダペストへの客足
   は順調です。但し、どこの世界でも言われるようになって久し
   くなりましたが、勝ち組と負け組みの差は歴然と・・・
   2005年11月10日
   ■あだ花になりえぬブダペスト

   ●ハンガリーのバリアフリー、全然進んでいません・・・市内
   中心部にでの駐車場が飽和状態なので一方通行の道路でさえ両
   側駐車可能の道が多いです。更に歩道に半分くらい車両が乗り
   上げても許されるようになっているので、車椅子の人は勿論、
   健常者すら通れない道がたくさんあります。2005年11月08日

   ●日本でも余りなじみのない災害救助犬。餌での訓練が中心の
   欧米とは違い、地震等で散乱した食べ物に反応しなかった日本
   の犬は世界的に評価が高いそうです。さてハンガリーの救助犬
   の実力は如何に?現地の新聞でも行方不明者を発見した記事が
   載りますが・・・ 2005年11月06日

   ●色が変わった枯葉を集めてデコレーションにでもするのでし
   ょうか?観光客、現地のハンガリー人共に紅い葉、黄色い葉を
   手にしている人を見かけます。ヴァーツィ通りのような中心地
   にありえない綺麗な葉が落ちているのを見ると、誰かの手から
   はらりといったのかな? 2005年11月04日

   ●カレンダー上は1日が諸聖徒日の祝日で飛び石連休。でも多
   くのオフィスやお店は飛び石にならないように挟まれた平日を
   休日にして、その次の土曜日のお休みを平日扱いにします。で
   すので今週土曜日は平日と同じように会社へ行く人が多いです。 
   2005年11月02日

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ご意見ご感想などはhungary@szagami.comまで 
All right reserved Copyright Szagami 1999-2005
http://www.szagami.com