ホルトバージ Hortobágy
    2005.Oct.

幌馬車
幌馬車で国立公園内を走る

幌馬車がプスタをゆくよ

 ユネスコの世界遺産に指定されているホルトバージ国立公園は、プスタ(ハンガリー平原)と呼ばれる大平原の名で有名ですが、野鳥の宝庫としても知られています。国立公園内を幌馬車で巡ってハンガリー固有種の家畜を眺めれば、いかにもプスタらしい雰囲気が。更には大地を駆け巡る牧童達のショーで、真のハンガリーの姿に触れることができるでしょう。

交通:

ブダペスト東駅よりミシュコルツMiskolc行きの電車で125km(1時間20分-1時間50分)、フゼシュアボニFüzesabonyでデブレツェン行きの電車に乗換えて、61km(1時間15分-1時間40分)。またフゼシュアボニから北へ向かえば、エゲルまで15分で行ける。バスは4時間以上かかり、しかも直通ではないので余りお勧めではない。

家畜に見えないハンガリー固有種の豚・羊・牛

 ハンガリーという国に馴染みがなくても、“プスタ”という地域は地理の時間で紹介されるほど、ハンガリーの自然を表す言葉としてよく使われます。ハンガリー語ではハンガリー平原のことを指しますが、荒地、荒涼とした土地、人の住まない土地という意味も含みます。それだけ自然環境が非常に厳しい土地。見渡す限り遮光物がなく、夏は40度以上にも気温が上がり、一方で冬はマイナス20度以下にもなります。このようにご紹介すると、丈の短い草が広がる平原のイメージですが、葦や蒲が生い茂る湿地帯や泥地帯を含む多様性を持った土地でもあります。

 電車でホルトバージに到着し、駅構内をでるとインフォメーションの看板が目に付きます。そこからコッシュト通りKossuth u.をまっすぐ行くと、5分ほどでレストランなどの建物が見えてきます。牧童博物館Pasztor Múzeum内に併設されているインフォメーション・センターで自然公園内、本日の見学コースの出発時間を教えてくれます。博物館は牧童達の日常生活に密接した様々な用品が展示され、なかなか興味深く見学できます。歴史についての説明も勿論書かれています。博物館内の展示物から、既にプスタの大自然の厳しさを伺い知ることができるでしょう。博物館内の裏手には国内最長の石橋が。ハンガリーでは“最”がついてもその名にふさわしくない規模の建築物等に度々お目にかかりますが、お約束の一枚で写真をぱちり。


 国立公園内を見学する幌馬車の出発地は、線路を挟んだ向こう側にあるため、来た道を戻ります。でも一体向こう側に“道”なんて存在するのかどうか。辺りは単なる畑が延々と広がっています。野道を進み、短い橋を渡るとコテージが点在するリゾート型宿泊施設が。そこを突っ切ってエポナ乗馬クラブEpona Lovasklubに到着、受付からチケットを購入。バー兼喫茶店で、出発時間まで馬を眺めながらのんびりと待ちます。こうしていると都会の喧騒から離れて、時計がプスタ・モードになってきます。イタリア人団体のバスが到着、係員が仕事をする雰囲気になってきました。
 
 準備は万端、車庫から幌馬車が次から次へと出てきてキャラバン隊のよう。10数台の幌馬車は外国人旅行客や個人客を乗せていざ出発、Szagamiは一番前の幌馬車に乗れました。2台目以降は前の馬車の上げる土埃をかぶっています。まずはハンガリー固有種の縮れっ毛豚、マンガリッツァが60-70cm程の背丈の草むらを掻き分けてのお出迎え。厳しい冬の自然環境で進化したからでしょうか、ハンガリー犬を代表するプリ、プミや、ラツカと呼ばれるハンガリー特有の羊の縮れっ毛に負けず劣らず、くるくると毛が愛らしく縮れています。水牛がたたずむ泥のプールは、押せや押せやの大賑わい。本物の泥と自分達の落し物が入り混じってご入浴、文字通り糞まみれですが本人達は気持ちよさそう。次なる目的地に向かうと、ラツカの一群が固まって草を食んでいます。しかしラツカはただの羊ではありません。一角獣のようならせん状にねじれた立派な角が2本その頭を雄々しく飾り、全てのラツカの角が天に向かったとき、その頭の群が白い剣山となりプスタの空を突き刺します。 
 
マンガリッツァ
(屋内で飼われている写真)

 各スポットへ移動中、いかにもですが、馬にまたがる牧童達の姿が視界に調度良く入ってきます。さっきまでバーで3杯4杯とビールのグラスを空けて、気分を良くしていたおにいさん、おじさんたちではないですか。

 遺伝的には狂牛病にかからないと言われている灰色牛のゆっくりした動作を眺めていると、いつの間にか牧童達が近くに寄って来ていました。馬との息もぴったり、何の合図もなく鞍の上に立ったまま乗馬して疾走したり、横たわった馬に乗って鞭を鳴らしたりと、ショーらしくないショーに、プスタでの牧童達が活躍する姿を想像できました。1時間半ほどのツアーの最後では、つるべ型の井戸から水を汲み幌馬車の馬達に水を飲ませていました。 

灰色牛

 幌馬車に揺られてガイドさんの説明を聞きながら、プスタの景色や動物達の姿を楽しんだのですが、乾燥した大地でのどの渇きにはまったく気が付かず、ツアーが終わってからお馬さんと同じように、井戸からではなくジョッキからビールを飲んだSzagamiでした。

ご意見ご感想などはhungary@szagami.comまで 
All right reserved Copyright Szagami 1999-2005