クリスマス
    2005.Nov.

師走はどこでも一緒。

 欧米においてクリスマスは日本でのお正月。この時期に掛ける欧米人の情熱は、お節料理の材料を買い込み、忘年会に忙しい日本人と同じ。ハンガリーでも普段は行列の横はいりに懐の深いところを見せてくれる人々が、いつもと違って殺気立っています。またハンガリーに住む外国人にとっての七不思議の一つ、ハンガリー人のクリスマス・シーズンにおける消費をまかなう収入はどこからやってくる?という疑問がピークに達する時でもあります。多くの会社では12月に“13カ月目の給料”と呼ばれるボーナスを支給します。きっとそんな額はあっという間に消えてしまうのでしょうが。

 また12月は決算期にあたるので税務署、電気会社、電話会社などは年内に集金を済まそうと早めの請求書を発行し、滞納分の催促が頻繁になります。人々は仕事が疎かになり、家族へのプレゼントは何にしようか?休暇は暖かいところへ旅行しよう、などと考えていて目の焦点の合わないハンガリー人に出会うことでしょう。

 さてブダペストの街のクリスマス前後の様子を覗いてみましょう。市場や商店ではここぞとばかり、クリスマス料理の食材が中心に置かれるようになります。大きな買い物かごを抱えながら、子豚の丸焼き、七面鳥のロースト(予算の足りない人はチキン・ロースト)、ベイグリと呼ばれるケシの実やクルミが入ったロール・ケーキなどに思いをはせています。

 13カ月目の給料片手に普段は買わない高級食材を厳しくチェック。いつもはがらがらの中央市場の魚売り場や獣肉売り場も例外ではありません。某スーパーマーケットでは、路上での鯉店頭販売を始める始末。あまりの寒さに、販売員はダンボールを道に敷いて立っています。鯉の路上店頭販売ヴァーツィ通りのぶちあたり、M1終点のヴォロシュマルティ広場はクリスマスの雰囲気をもり立ててくれる立役者。12月に入るのを待ち構えていた屋台が一斉にオープン。屋台のトップ・バッターは何と行ってもホット・ワイン(Forrált bor)。シナモンが入った熱々のワインは身体の芯まで暖めてくれます。ワインのお供は炭焼きソーセージと串焼きチキン!ほどよく酔っ払ってお腹も満足。少し歩けばドナウ川沿いの遊歩道。クリスマス前で気が抜けたのか、かなり暗くなっても点灯しないすっぽ抜けた王宮などご覧になれます。(というのは冗談で、撮影時にたまたまライトアップされていなかったと思われます。)

冬の鎖橋

 例年に比べ靄が少なく澄んだ空気のもと、ドナウに映る鎖橋を暫し堪能。もう一回ヴォロシュマルティ広場へ戻ればカフェ・ジェルボーの、化粧直しされた建物のライトアップとヴァーツィ通りのイルミネーションを楽しめます。でも24日クリスマス・イブになると人々のそわそわは頂点に達し、屋台も13時で閉店。家族との団欒に家路へと急ぎます。そして英気を養った後、27日から大みそかへかけて全速力でお祭り気分を楽しむのです。
 

ジェルボー周辺 店員も家で過ごす

 クリスマスの後の今年最後のどんちゃん騒ぎ、今世紀最後の大晦日はどのような瞬間を見せてくれるのでしょうか?


ご意見ご感想などはhungary@szagami.comまで 
All right reserved Copyright Szagami 1999-2005